全国展開の劇場から老舗劇場まで。映画館のシニア割引きを調べてみた

目次

割引きを使った映画鑑賞がおすすめ

子どもが自立して自由に使える時間が増えてくると、なにをしようかと迷うことも多いものです。退屈だと感じたら、夫婦や友人と話題の映画を観に出かけてみてはいかがでしょうか?

最近は、多くの映画館でシニア割引きのサービスがあります。一般の料金よりずいぶんお得になっていて、曜日や時間の制約がないのが嬉しいポイントです。

全国展開している映画館から、知る人ぞ知る小さな劇場まで、様々な割引きがあるのでご紹介します。

イオンシネマのシニア割引き

全国に80館以上あるイオンシネマには、『ハッピー55』と『夫婦50割引』とよばれる2つのシニア割引きがあります。ショッピングモールがあるので、待ち合わせもしやすいし、買い物ついでに映画を観ることもできます。

『ハッピー55』の割引きは、55歳以上ならチケット料金が1,100円になるサービスです。チケット購入時に窓口で年齢を申告し、年齢のわかる証明書を提示する必要があります。

『夫婦50割引』は、夫婦のどちらかが50歳以上なら2人で料金が2,200円になる割引きです。こちらも、窓口で年齢のわかる証明書を提示する必要があります。ちなみに、2人が夫婦かどうかの証明は不要となっています。

ちなみに、イオンシネマの通常の大人料金は1,800円ですが、イオンカードを提示すれば300円引きで1,500円になります。ハッピー55や夫婦50割は1人1,100円と、大変お得。ぜひ利用したいサービスです。

TOHOシネマズの高齢者優待特典

全国各地にあるTOHOシネマズにも『夫婦50割引き』というシニア向けの割引があります。夫婦のどちらかが50歳以上であればチケット料金が1,100円になるサービスです。また、60歳以上であれば1人でも料金が1,100円になるシニア割引があります。

人気のギンレイホール

飯田橋にあるギンレイホールでは、60歳以上であればシニア割引が利用でき、1,000円で映画を観ることができます。また、夫婦のどちらかが50歳以上であれば、2人で2,000円の料金になります。

また、「ギンレイ・シネマクラブ」に入会すると、1年間に何回でも映画を観ることができるパスポートが発行されます。シングルカードは、税込み10,800円で年間50本以上の話題作を観ることができるのです。

シニア割引と言っても、映画館によって様々です。女性にうれしいレディースデーや、月に何回かお得になる日もあります。シルバー世代になっても、夫婦や友人で話題の映画を観て、お得に文化的な時間を過ごしたいものですね。

最新更新日 2018.06.20

関連キーワード

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。情報に誤りがあればご報告ください。
この記事について報告する
この記事を家族・友だちに教える

人気ランキング

お役立ち情報

キーワード

#貯金#節約#生活費#省エネ#リバースモーゲージ#不動産#パソコン#アプリ#介護#健康保険#再雇用#定年#雇用保険#失業保険#医療保険#資格#通信費#求人#アルバイト#電子マネー#年金#転職#就職相談#家計簿#高年齢雇用継続給付#シニア割引き#割引#スマホ#光熱費#生活保護#給付金#認知症#教育訓練給付#高齢者雇用#就業事情#健康寿命#スキルアップ#習い事#継続雇用制度#ダイバーシティ#在宅ワーク#シニア雇用#資格講座#簿記#通信教育#自分磨き#賃貸経営#会社設立#トライアル雇用制度#持病#再就職#タクシードライバー#免許取得支援制度#コンビニチェーン#シニア採用#警備員#夜勤#食生活アドバイザー#グランドシッター#保育士試験#クラウドソーシング#住宅#ファッション#早期退職#宅建#パートタイム#労働力不足#シニアクルー#手に職#求職活動#職業訓練#NPO#非営利組織#派遣会社#求職者雇用支援機構#公的職業訓練制度#新規就農者#独立就農#社会保険労務士#ファイナンシャルプランナー#資産設計#ねんきん定期便#基礎年金番号#自動車#保険#被服費#面接#経営#セカンドライフ#助成金#交通費#お得な制度#定年制度#起業#終活#シニア#節税#アクティブシニア#デジタル内職#ネット内職#シニア生活アドバイザー#調理師#インストラクター#事務職#デスクワーク#女性#国家資格#時給#データ入力#コンビニ#株式会社高齢社#加藤製作所#シニアと企業#職業能力開発校#講習#実技#カリキュラム#職業訓練学校#ハローワーク#単身#貯蓄#医療制度#在職老齢年金