単身シニアこそ意識したい!いつまでも若々しくあるためには?

目次

おひとりさまだからこそ、若々しく

仕事にやりがいを感じているうちに婚期を逃してしまった人、意見の食い違いで離婚した人。また、結婚相手と死別してしまったという人…。様々な理由で単身者となっている方がいるかと思いますが、最近では「おひとりさま」という言葉が一般的になっているように、単身であることを気楽で快適に思う人が増えているのかもしれません。

もちろん孤独を感じることもあるとは思いますが、おひとりさまをさみしいと感じている人は、自分がやってみたいことやどのように歳をとりたいのか、将来のビジョンを描いてみることをおすすめします。社会の一員としてできることを考え、世の中に必要とされていることがわかれば、若々しく前向きな気持ちになれるはずです。

趣味や運動よりも、「人とのつながり」

家にひとりでいると、起きた格好のまま一日を過ごし、食事も買ってきたもので済ましてしまいがちです。いつまでも若々しくいるためには自由な生活に慣れすぎないよう、生活にメリハリをつけなければいけません。お気に入りの服を着ておしゃれな料理を作ってみたり、新しいことを始めるのがおすすめです。

最近はパソコンやスマートフォンでも、様々なSNSを駆使すれば人とのつながりを持つことができますので、趣味や仕事を通して色々な年代の人とコミュニケーションをとり、モチベーションをアップさせたいものです。運動や趣味よりも、「家族以外の人との関わりやコミュニティ」を持っている人の方が、寝たきりになるリスクが減るという統計もあるようです。

資格取得や起業など、定年前に考えておく

おひとりさまは、特に定年後どのような生活をしたいか、前もって計画立てることが大切です。これまでのキャリアを活かすか、新しい資格を取得して再就職の幅を広げるか。専門の知識を生かして起業してみるという手もあるでしょう。実際、ミドルシニアやシニアの資格取得率は年々増えており、主な理由は「ボケ防止」や「日常生活に活かすため」といったものです。挑戦する気持ちを持っておくことが、心の健康を保つことにつながります。

キャッシュフローを確認し、コツコツと貯蓄を

大切なお金の話ですが、年金生活を送ることになれば収入は減少しますので、うまくやりくりをしていかなければいけません。そのため、日頃から生活にかかっているお金を計算し、老後のための貯蓄を殖やしておく必要があります。

家計簿をつけて粗方の収支を把握し、節約できそうな項目はありそうか、またはアルバイトやパートで補填できそうか、まずは自分なりに探ってみる方法をおすすめします。そうすれば、近年メディアが騒ぎ立てている「老後に必要な貯蓄は何千万」という煽りも気にならなくなるでしょう。

ひとりの気楽な時間を確保するためにも

「おひとりさま」とは言えど、人はひとりでは生きていけません。ひとりの気楽な時間を確保するためにも、健康面や金銭面の管理は自分で抜かりなくやりつつ、歳を取っても積極的に「人との関わり」を求め、社会の一員でありたいものです。

最新更新日 2018.06.26

関連キーワード

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。情報に誤りがあればご報告ください。
この記事について報告する
この記事を家族・友だちに教える

人気ランキング

お役立ち情報

キーワード

#貯金#節約#生活費#省エネ#リバースモーゲージ#不動産#パソコン#アプリ#介護#健康保険#再雇用#定年#雇用保険#失業保険#医療保険#資格#通信費#求人#アルバイト#電子マネー#年金#転職#就職相談#家計簿#高年齢雇用継続給付#シニア割引き#割引#スマホ#光熱費#生活保護#給付金#認知症#教育訓練給付#高齢者雇用#就業事情#健康寿命#スキルアップ#習い事#継続雇用制度#ダイバーシティ#在宅ワーク#シニア雇用#資格講座#簿記#通信教育#自分磨き#賃貸経営#会社設立#トライアル雇用制度#持病#再就職#タクシードライバー#免許取得支援制度#コンビニチェーン#シニア採用#警備員#夜勤#食生活アドバイザー#グランドシッター#保育士試験#クラウドソーシング#住宅#ファッション#早期退職#宅建#パートタイム#労働力不足#シニアクルー#手に職#求職活動#職業訓練#NPO#非営利組織#派遣会社#求職者雇用支援機構#公的職業訓練制度#新規就農者#独立就農#社会保険労務士#ファイナンシャルプランナー#資産設計#ねんきん定期便#基礎年金番号#自動車#保険#被服費#面接#経営#セカンドライフ#助成金#交通費#お得な制度#定年制度#起業#終活#シニア#節税#アクティブシニア#デジタル内職#ネット内職#シニア生活アドバイザー#調理師#インストラクター#事務職#デスクワーク#女性#国家資格#時給#データ入力#コンビニ#株式会社高齢社#加藤製作所#シニアと企業#職業能力開発校#講習#実技#カリキュラム#職業訓練学校#ハローワーク#単身#貯蓄#医療制度#在職老齢年金