定年後、どんな仕事をしているの?

目次

定年後の過ごしかた

生活の安定を求めて働いていた人でも、定年が近づくと「第二の人生」をどうやって過ごそうかと楽しみに思う人は多いのではないでしょうか?

若いころにできなかったことや、趣味をいかして収入をえるなど、さまざまなことにチャレンジしたい気持ちがわいてくるものです。

今までと違った職種へ再就職したり、自分でお店を起業したり、定年後働ける仕事にはどのようなものがあるのでしょうか?

趣味や経験をいかして

自分が好きなことをして生活に困らないくらいの収入があれば、こんなによいことはありませんよね。多額の収入はなくても、生活に困らないくらいの収入が稼げたら理想ですよね。

得意な日曜大工や、手芸をいかして、手作りのものを販売したり、若い人たちに作り方を教える教室を開いたり。また、知識をいかした仕事ならマンションの管理人や若者への講習会もできそうですよね。

その他、定年後に趣味をいかして自営業を始めるという人も多いものです。都会から田舎へ移り住んで農業を始めたり、船を買って漁師になったりする人もいます。

生きがいをみつけて

生活費には困らないくらいの蓄えがあるという人は、収入は少なくても生きがいになる仕事を選んでみてはいかがでしょうか?

市民団体のボランティア活動に参加して、児童の登下校の見守りや地域の清掃などの活動に参加してみるのもよいですね。学校の集まりでは、こまや竹とんぼなど昔遊びを教えてくれる人を探しているときもあります。

また、シルバー人材センターに登録してやりがいのある仕事を紹介してもらうのもよいでしょう。安定した収入は期待できませんが、定年退職後も社会に必要とされることを感じられるので生きがいになりそうですね。

気楽に働きたいなら

何十年も同じ会社で真面目に働いてきたという人は、定年後はのんびりしたいという気持ちがあるかもしれません。それなら、同じ会社の再雇用制度を利用し、慣れた仕事に再就職するのもよいでしょう。

近所の店舗に派遣やパート、アルバイトなどで、短時間だけ働くのも気分転換になりますよね。勤務地までの距離や時間などの条件で選べそうな仕事には、警備員、コンビニの定員、ビルの清掃員といったものもあります。

準備を大切に

定年になっても、働く意志があれば男性女性問わず、いろいろなお仕事がありそうです。ハローワークの求人情報はネットでも閲覧できるので、情報を集めて「第二の人生」をどう歩んでいくか準備をしておくことが大切です。

最新更新日 2018.02.19

関連キーワード

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。情報に誤りがあればご報告ください。
この記事について報告する
この記事を家族・友だちに教える

人気ランキング

お役立ち情報

キーワード

#貯金#節約#生活費#買い物#省エネ#リバースモーゲージ#不動産#パソコン#遺族年金#アプリ#介護#おひとりさま#医療費#健康保険#再雇用#雇用保険#失業保険#医療保険#資格#通信費#求人#アルバイト#電子マネー#年金#転職#就職相談#家計簿#スマホ#光熱費#生活保護#給付金#認知症#教育訓練給付#高齢者雇用#就業事情#健康寿命#スキルアップ#習い事#継続雇用制度#ダイバーシティ#在宅ワーク#シニア雇用#資格講座#簿記#通信教育#自分磨き#賃貸経営#会社設立#トライアル雇用制度#持病#再就職#タクシードライバー#免許取得支援制度#コンビニチェーン#シニア採用#警備員#夜勤#食生活アドバイザー#グランドシッター#保育士試験#クラウドソーシング#住宅#ファッション#早期退職#宅建#パートタイム#労働力不足#シニアクルー#手に職#求職活動#職業訓練#NPO#非営利組織#派遣会社#求職者雇用支援機構#公的職業訓練制度#新規就農者#独立就農#社会保険労務士#ファイナンシャルプランナー#資産設計#ねんきん定期便#基礎年金番号#自動車#保険#被服費#健康#助成金#交通費#お得な制度#定年制度#起業#終活#シニア#節税#アクティブシニア#デジタル内職#ネット内職#シニア生活アドバイザー#調理師#インストラクター#事務職#デスクワーク#女性#国家資格#時給#データ入力#コンビニ#株式会社高齢社#加藤製作所#シニアと企業#職業能力開発校#講習#実技#カリキュラム#職業訓練学校#ハローワーク