再雇用後に減額した賃金。保険・年金でまかなえる?

目次

再雇用の賃金の仕組み

定年退職して再雇用後の給料はどうなるのでしょうか? 退職前の給料と同じとまではいかなくても、ある程度の収入は欲しいものです。

再雇用では減給の可能性もあり、そのため国からの給付金を受け取れる仕組みが整っています。この仕組みを「高年齢雇用継続給付」といい、また、働きながら年金を受け取る「在職老齢年金」という制度もあります。

再雇用後の生活は、賃金と給付金と年金から成っています。賃金が高すぎると給付金が支給されなかったり、もらえるはずの年金がもらえなかったりするので、賃金設定は慎重にすることをおすすめします。

「高年齢雇用継続給付」「在職老齢年金」とは

  • 雇用保険の「高年齢雇用継続給付」

「高年齢雇用継続給付」とは、再雇用の賃金が60歳時の75%未満になってしまった場合に、最大で賃金額の15%が支給される制度です。この給付金を受けられる条件は2つあります。

  1. 60歳以上65歳未満の一般被保険者であること。
  2. 被保険者であった期間が5年以上あること。

ただし、支給要件に下記項目の制限があるため、再雇用後の賃金が高額だと給付の対象とならない場合があります。

  • 支給対象月中に支払われた賃金額が、支給限度額(※)未満であること。
  • 申請後、算出された基本給付金の額が、最低限度額(※)を超えていること。
  • 支給対象月の全期間にわたって、育児休業給付または介護休業給付の支給対象となっていないこと。
    (※)この金額は、「毎月勤労統計」の平均定期給与額により毎年8月1日に改定されます。

給付金を受け取けとるためには、支給要件に合わせた賃金の設定をしてもらうことが大切です。

  • 厚生年金の「在職老齢年金」

厚生年金の在職老齢年金とは、厚生年金保険に加入し、働きながら老齢厚生年金を受け取れることができる制度です。この制度でも、再雇用の賃金が高いとせっかくもらえる年金が停止されてしまうので注意が必要です。

60歳以降、65歳以降も考えておく

上に挙げた2つの制度を見てわかるように、60歳以降も働きながら給付金や年金を受けようとする場合は再雇用の賃金をあまり高く設定しないほうがいいといえます。

さらに、65歳を過ぎても最適賃金がもらえるようにと考えるのであれば、65歳からもらえる年金と再雇用の賃金のことを考えておくことも重要となってきます。しかしその計算はかなり複雑で、厚生年金法や雇用保険法、労働法などに精通することが求められるため、自分で計算するのは困難といえます。

思い切って自分で社会労務士の資格勉強をするか、経験を積んだ信頼できる社会労務士の方に相談してみることをおすすめします。60歳からの再雇用後の手取り金額をシミュレーションして、老後の計画をしっかりと立てておきましょう。

最新更新日 2018.07.03

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。情報に誤りがあればご報告ください。
この記事について報告する
この記事を家族・友だちに教える

人気ランキング

お役立ち情報

キーワード

#貯金#節約#生活費#省エネ#リバースモーゲージ#不動産#パソコン#アプリ#介護#健康保険#再雇用#定年#雇用保険#失業保険#医療保険#資格#通信費#求人#アルバイト#電子マネー#年金#転職#就職相談#家計簿#高年齢雇用継続給付#シニア割引き#割引#スマホ#光熱費#生活保護#給付金#認知症#教育訓練給付#高齢者雇用#就業事情#健康寿命#スキルアップ#習い事#継続雇用制度#ダイバーシティ#在宅ワーク#シニア雇用#資格講座#簿記#通信教育#自分磨き#賃貸経営#会社設立#トライアル雇用制度#持病#再就職#タクシードライバー#免許取得支援制度#コンビニチェーン#シニア採用#警備員#夜勤#食生活アドバイザー#グランドシッター#保育士試験#クラウドソーシング#住宅#ファッション#早期退職#宅建#パートタイム#労働力不足#シニアクルー#手に職#求職活動#職業訓練#NPO#非営利組織#派遣会社#求職者雇用支援機構#公的職業訓練制度#新規就農者#独立就農#社会保険労務士#ファイナンシャルプランナー#資産設計#ねんきん定期便#基礎年金番号#自動車#保険#被服費#面接#経営#セカンドライフ#助成金#交通費#お得な制度#定年制度#起業#終活#シニア#節税#アクティブシニア#デジタル内職#ネット内職#シニア生活アドバイザー#調理師#インストラクター#事務職#デスクワーク#女性#国家資格#時給#データ入力#コンビニ#株式会社高齢社#加藤製作所#シニアと企業#職業能力開発校#講習#実技#カリキュラム#職業訓練学校#ハローワーク#単身#貯蓄#医療制度#在職老齢年金