エンタメ

血が繋がらなくても家族! 新しい家族のカタチを見せてくれる映画『かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-』

映画『かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-』は、『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』(2010) 『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』(2011)に続く、『RAILWAYS』シリーズ第3弾。鳥取県、富山県と地方鉄道の運転士を主人公に、人生と家族と電車を繋いできたこのシリーズの最新作に登場するのは、鹿児島県と熊本県を結ぶ「肥薩おれんじ鉄道」。運転士(國村隼)と息子の妻(有村架純)と孫(歸山(きやま)竜成)を結ぶ物語です。

目次

物語

「肥薩おれんじ鉄道」の運転士・奥薗節夫(國村隼)のもとに息子の修平(青木崇高)の妻の晶(有村架純)と孫の駿也(歸山竜成)が訪ねてきました。妻に先立たれ、修平とも疎遠だった節夫は、突然現れた修平の妻と孫にとまどいます。そしてもっと驚いたのは、修平が帰らぬ人になっていたことでした。修平に先立たれ「行く場所がない」という晶と駿也。節夫はそんな二人を受け入れることにしました。実は晶、修平の再婚相手。駿也の本当の母は彼を産んだときに亡くなったのでした。まだ若いながらも、シングルマザーとして一生懸命な晶。やがて彼女は「肥薩おれんじ鉄道」の運転士を目指す決心をするのです。

悲劇から一転、未来へ走り出す『RAILWAYS』シリーズの最新作

妻と息子を失うことは悲劇以外の何物でもありませんが、この映画は、節夫の未来にフォーカスして描いています。「どこかできっと元気でやっている」と信じていた息子を失ったと知ったときは、さすがに呆然としていた節夫ですが、悲しみくれる間もなく、嫁の晶が「ここにいさせてほしい」と言い出すのです。嫁と孫とは初対面。突然の申し出にとまどう節夫は、驚きすぎて悲しみがどこかに飛んでしまったようです。でも、そこからこの映画は未来に向かって走り始めます。

不器用で無口だけど、人の好さがにじみ出る節夫の魅力

節夫が修平と疎遠になっていたのは、彼が「肥薩おれんじ鉄道」の運転士の仕事に必死で、家庭を顧みなかったことが原因のようです。おそらく早くに亡くなった妻も苦労していたのでしょう。でも節夫が本当は人情味あふれる人だということはすぐにわかります。そうでないと、晶や駿也をすぐに受け入れたりしないでしょうし、近所に住む妹の幸江(筒井真理子)が、ちょくちょく家にやって来たりしないはずです。ただ言葉が少ないんですよ。肝心なことを言葉にしないから誤解されやすい。いちばん身近な家族にいちばん言わないから、息子とも疎遠になっていたのかもしれません。まさに昭和世代の父親の典型的タイプです。

シングルマザーとして苦労しながらも、地に足をつけて生きる晶

晶は、修平の再婚相手ですが、若いので、現代っ子らしい突飛な行動に出ることもあります。運転士の試験など、節夫に内緒で突然面接を受けに来ますから。面接に立ち会った節夫がビックリするのは無理もありません。その一方、駿也の母親としての務めをしっかり果たそうと必死です。事情を知らない人の目には「若すぎる母」と不信感を抱かせたり、駿也の同級生の母から嫌味を言われたりもしますが、歯を食いしばって乗り越えようとする晶。シングルマザーとして生きるのは、容易なことではありません。だからこそ、晶を応援したくなるのです。

愛する人に先立たれた者たちが、家族になっていく姿をさわやかに描く。

節夫、晶、駿也、ともに愛する人との別れを余儀なくされた者たちです。3人とも孤独を抱えていますが、決して後ろを向かないところが素敵です。節夫は説教めいたことは言いませんし、晶も修平を失った悲しみに押しつぶされそうになることもありますが、踏みとどまります。なぜなら駿也がいるからです。その駿也は、実の両親を亡くすという悲しみの中にいます。明るく振舞っていますが、映画の後半、彼が両親を失った悲しみを吐露するシーンで彼の思いがすべて明らかになり、泣けます! みんなしんどいことと闘いながら、歩み寄っていく。そのプロセスの中に「肥薩おれんじ鉄道」があるのです。

吉田康弘監督は、この映画の家族についてこう語っています。

「現在の家族の在り方は40~50年前と違います。血の繋がりだけでなく、一緒に生きていく、大変な時に支えあう、辛いときに抱きしめてくれる、手をそっと握って言葉はいらない……。そういう関係性が家族なのではないかと。血の繋がりにこだわらないことが今の形だと捉えて、この映画に乗せていきました」

さまざまな場所で「多様性」が語られる今、映画『かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-』は、まさに現代の家族を描いた作品だと言えるでしょう。

映画『かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-』

映画かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-』ポスター

公開日
2018年11月30日(金)より全国ロードショー

スタッフ・キャスト
監督:吉田康弘
出演:國村隼、有村架純、桜庭ななみ、歸山竜成、木下ほうか、筒井真理子、板尾創路、青木宗高ほか

© 2018「かぞくいろ」製作委員会

文=斎藤 香
写真提供=© 「かぞくいろ」製作委員会

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。情報に誤りがあればご報告ください。
この記事について報告する
この記事を家族・友だちに教える