退職後の健康保険について 4つの選択肢

目次

退職後に加入できる健康保険とは?

病院に行くと、当たり前のように利用している健康保険証。退職後すぐに切り替えをしておかないと使えなくなってしまうことを知っていますか?

健康保険の切り替えの期間は非常に短いので、再就職をするのか、どんな健康保険に加入するか、退職前によく考えておくことをお勧めします。

退職後の健康保険には、健康保険任意継続の被保険者になる方法、国民健康保険に加入する方法、家族の健康保険に加入する方法、特例退職被保険者になる方法の4つがあります。

健康保険任意継続の被保険者になる

退職後20日以内に申請すれば、2年間は今までと同じ会社の健康保険に加入できる健康保険の任意継続制度というものがあります。

保険料は、会社の負担分がなくなるので自己負担分が増えることになり、在職中のおよそ2倍になります。それでも、他の保険と比較したら金額が安いというメリットがあり、在職中と同じ内容の給付が受けられます。

家族の健康保険に加入する

3親等以内の家族の被扶養者となり、健康保険に入れてもらう方法があります。その家族に生計を維持してもらっていて、退職者の収入が130万円未満であること、年収が生計を維持してもらっている人の2分の1未満であることが条件です。

家族の扶養に入れてもらうので、直接保険料を払う必要がなく、いちばんお得な方法といえます。手続きの期間が退職の翌日から5日以内と非常に短く、さらに退職者の年金も収入に含まれるので注意が必要です。

国民健康保険に加入する

任意継続被保険者制度を利用しない場合や、家族の健康保険に入らない場合は、国民健康保険に加入しなければいけません。退職後に、市区町村役場などで14日以内に手続きする必要があります。

前年の所得により、保険料が決まります。計算の方法は、各市町村で違う決まりがありますので、計算してもらうと安心ですね。退職時にあわてないように、時間のあるときに調べておきましょう。

特例退職被保険者になる

定年退職をした人が後期高齢者医療制度に加入するまで受けることができる制度で、市区町村の代わりに民間放送健康保険組合が実施しています。手続きの期間は退職後3ヶ月以内です。

加入の条件は、国民年金を除くの老齢や、退職の厚生年金を受けていること。または、公的年金の被保険者期間が20年以上あること。被保険者期間が合算して40歳以降10年以上あることです。

特例退職被保険者制度は、次の場合を除き脱退することができません。再就職で違う健康保険に加入したり、75歳になり後期高齢者医療制度に加入したり、または本人が死亡した場合です。

どの保険も一度加入すると、変わるのは手続きも大変です。健康保険は任意保険ではありません。退職後も必ず加入しなければいけないのでよく考えてから選ぶようにしましょう。

最新更新日 2018.01.11

関連キーワード

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。情報に誤りがあればご報告ください。
この記事について報告する
この記事を家族・友だちに教える

人気ランキング

お役立ち情報

キーワード

#貯金#節約#生活費#買い物#省エネ#リバースモーゲージ#不動産#パソコン#遺族年金#アプリ#介護#おひとりさま#医療費#健康保険#再雇用#雇用保険#失業保険#医療保険#資格#通信費#求人#アルバイト#電子マネー#年金#転職#就職相談#家計簿#スマホ#光熱費#生活保護#給付金#認知症#教育訓練給付#高齢者雇用#就業事情#健康寿命#スキルアップ#習い事#継続雇用制度#ダイバーシティ#在宅ワーク#シニア雇用#資格講座#簿記#通信教育#自分磨き#賃貸経営#会社設立#トライアル雇用制度#持病#再就職#タクシードライバー#免許取得支援制度#コンビニチェーン#シニア採用#警備員#夜勤#食生活アドバイザー#グランドシッター#保育士試験#クラウドソーシング#住宅#ファッション#早期退職#宅建#パートタイム#労働力不足#シニアクルー#手に職#求職活動#職業訓練#NPO#非営利組織#派遣会社#求職者雇用支援機構#公的職業訓練制度#新規就農者#独立就農#社会保険労務士#ファイナンシャルプランナー#資産設計#ねんきん定期便#基礎年金番号#自動車#保険#被服費#健康#助成金#交通費#お得な制度#定年制度#起業#終活#シニア#節税#アクティブシニア#デジタル内職#ネット内職#シニア生活アドバイザー#調理師#インストラクター#事務職#デスクワーク#女性#国家資格#時給#データ入力#コンビニ#株式会社高齢社#加藤製作所#シニアと企業#職業能力開発校#講習#実技#カリキュラム#職業訓練学校#ハローワーク